ドミニコ霊性 ホーム

 聖ドミニコ   チモシ神父 高森草庵  LINKS

   

ドミニコ会観想修道院

(説教者会隠世修道女)

 

 

 

 

   ☆ドミニコ以外の師はいなかった  

 

      十七、八歳のころ、聖ドミニコから修道服を受けたローマの福者チェチリア修道女は、晩年、ボローニャの聖アグネス修道院で、こう語っています。

      「尊敬すべき父(ドミニコ)は、いつも一日中、熱心に説教をしたり、告白を聞いたり、その他の愛の業をしたりして、魂の救いのために働くのが習慣でした。それで、姉妹たちのところには夕方にいらして、兄弟たちの同席のもとに、講義や説教をし、説教者会について教えてくださるのでした。会[の生活]について姉妹たちに教える人は、ほかにはいなかったからです」。

      歴史家たちが確認しているように、初期の姉妹たちにとって、「ドミニコは父、養育者、立法者」でした。ドミニコ(一一七一頃〜一一二一〇・八・六)は、自分の「聖なる説教」に姉妹たちを参加させ、彼女たちを説教者会の不可欠の構成要素とみなしていました。

      それで、わたしたちの正式名称は、伝統にもとづいて「説教者会隠世修道女「Moniales Ordinis Praedicatorum」といいます。

 

 

☆トミ二コが創立した隠世修道院  

 

 

     一二〇六年末に創立された南仏ブルイユの聖マリア修道院は、アルピ派の異端から改宗した姉妹たちが、ドニコに導かれて始めた家です。

 ローマの聖シクスト修道院は、教皇ホノリオ三世の委任を受けて、ローマの七つの女子修道院の改革に着手したドミニコが、一二二一年に組織したものです。修道生活の刷新のため、厳格な禁域を採用しました。福者チェチりアはそこで養成され、のちにボローニャに派遣された姉妹の一人でした。

      一二一九年、福者ディアナは、ドミニコの手の中で従順の誓願を立て、ボローニャの聖アグネス修道院設立にかかわりました。その設立にあたって、ドミニコは兄弟たちに諮って、兄弟の修道院の建築を中断しても、急いで姉妹の修道院を建てることにした、といわれています。

      同じころ、マドリードの隠世修道院もドミニコによって設立されています。

 

  ☆最初の姉妹たちと現代のわたしたち  

 

わたしたちの初期の姉妹の大半が異端からの改宗者であったこと、また教会から示された刷新に応えようとしたことは、今のわたしたちに一つの示唆を与えます。彼女たちは、自分が育てられた生き方から離れることを自らの意志で選びました。真理に出会った喜びと平和、誤謬の束縛から解放された自由、明るさ、透明な安らぎの味わいから、真理へのさらに深い渇望が生まれ、主イエスとの一致への望みも燃え立たされたことでしょう。

そして、その喜びと自由を、罪の枷に苦しむ人々に伝えたいと望み、神のあわれみと恵みを熱烈に懇願することになりました。人々の回心のための祈りは、自分たちの回心への歩みと一つだったでしょう。まさに、神へと回心しつづける家を与えられたのでした。      ドミニコ自身が生前、彼女たちを同じ会のメンバーとして、その息子たちの兄弟的配慮に委ねました。

      この八〇○年に及ぶ流れが、今のわたしたちにまで届いています。現代の異端ともいえる物質主義、快楽主義、世俗主義との戦いの中で、種々の誤謬に縛られている今

の世に、真理における自由と喜びを宣言する務めが、わたしたちに課されています。テロと戦争の脅威、能率中心の消費的社会の歪み、技術偏重、人格の軽視、騒音と虚しい動き、そして、捕らえがたく病んでいく人々の心に無関心でいることはできません。

      聖ドミニコに従って、二次的なことに囚われず、より本質的なことを大切にして、すべてを神がご覧になる見方で見ながら生きるように、と招かれています。わたし

たちは、兄弟たちと連帯し、ドミニコ信徒会との協力の中で、告げ知らされる福音が実を結ぶように祈る役目を受け継いています。

 

 

☆使徒的観想生活  

 

わたしたちは教皇禁域を守る隠世修道女ですから、院外で使徒的活動を行いませんが、「キリストに従う」わたしたちの生活は使徒的です。ドミニコによって会のために採用された,聖アウグスティヌスの戒律』にあるとおり、使徒たちに倣い(使432-35)、すべてを共有にし、一致和合して神と人とを愛する共住生活だからです。

      「人々の魂の救いのために説教する」ために生まれた会は、みことばを宣べ伝えるために派遣されており、このドミニコ大家族の心臓として、わたしたちも福音宣教に派遣されています。手段が違うだけです。

      このミッションを喜んで果たすためには、共同生活、典礼と個人的祈り、誓願の履行、勉学(聖なる真理の探求)が必要です。そして、この四課題を実行する助けと

して、禁域、沈黙、修道服、労働、償いの業があります。

      会と全教会、全世界のためにとりなしの祈りをささげるとともに、来客を歓待し、人々にとって修道院が「みことばとの出会いの場」となるよう努めています。

仕事は時と場の要請に応じて異なりますが、日本では主に、製菓、ホスチア焼き、聖像製作、黙想者の接待などに携わっています。

 

      ☆希望と信頼のうちに

 

各修道院は自治修道院ですが、各修道女は、説教者会総長に対しても誓願を立て、従順を約束します。この同じ総長の下に、同じ『会憲』に従って、全世界の隠世修道院は姉妹として協力し合っています。現行会憲(一九八六年認可)の見直し作業も、全修道女が参加して始まっています。

世界の現況は、一一三二の修道院(アジアには九=パキスタン、台湾、韓国に各一、フィリピンに二、日本に四)に約三九〇〇人の修道女がいます。ベトナムにも創立されようとしています。世界のある地域では、高齢化と召命減少の傾向があり(これもチャレンジの一つですが)、修道院の廃止や合併があるでしょう。しかし別の地域では、召命が多く、新修道院も設立されています。

      説教者会ティモティ・ラドクリフ前総長は、「山の上にある町は隠れることができない」というみことばをもって、隠世修道院のことを想起させています。この町

で灯火が燃えて輝くことこそ、人々に期待されていることでしょう。わたしたちは、神の賜物が豊かで絶えることのないのを知り、信頼のうちに、世界に必要な恵みを祈りつづけたい、と思っています。

 

 

日本のトミニコ会観想修道院

  020-0102               盛岡市上田字松屋敷232 ロザリオの聖母修道院

            EMail: rosario@md.neweb.ne.jp

            http://www08.u-page.so-net.ne.jp/bj8/bruno/morioka-a.htm

  489-0871           瀬戸市東長根町92 聖ヨゼフ修道院

            E-Mail: setodomi@circus.ocn.ne.jp

  969-3302       福島県耶摩郡磐梯町更科源橋道5086 雪の聖母修道院

  761-1406       香川県香川郡香南町西庄丸山 16712 神の母マリア修道

            E-Mail: dkaminohaha@kgw.enjoy.ne.jp

     


[ ホーム ] [ 上へ ]

..